WordPress.com で次のようなサイトをデザイン
始めてみよう

『「アライ」になろう!』2023 公開!

2023年度制作の冊子を公開しているページです。2023/3/24更新

3月も一週間程度を残すところとなりましたが、今年度も自主作成冊子を公開いたします。

これは、東京大学TOPIATottoko Gender Movementの相互協力のもとで完成された冊子です。

昨年まで使われていた『第三者の私たちだからこそできること』を大幅に刷新し、より幅広いテーマを扱うとともに、内容を精緻にすることを心がけました。

性差別を直接自分ごととしては経験しない人であっても、周囲にいる人間としてどのようなことを実践することができるのか。状況に応じて取りうる選択肢を、Q&A形式でわかりやすく掲載しました。

テキストデータも利用可能です。こちらのリンクか、本文記載のQRコードからご利用ください。

この冊子は、東大駒場友の会の援助によって、東京大学新入生全員に配布されますが、こうした冊子のニーズがあることを、他大学の方などからお伺いすることがあります。公益のため、配布・紹介は自由に行なっていただいて構いません。例えば、セーファー・スペースとして場所作りをしている人が、自分で印刷して置いておくというような使い方を歓迎します。こうした利用は無断で行なっていただいて構いませんが、ご一報いただけますと、よりありがたく存じます

また、悪意のある切り取りや、この冊子の記述を起点とした差別的な言説の拡散は、謹んでいただきますようお願いいたします。女性差別やLGBTQ+差別をはじめとする性差別のさまざまな形態に対し、意識を高めること、そして大学生としてできることはなんなのかについて、広く議論を活性化することが望まれます。

(関連)東京大学TOPIAが作成している『できることガイド』という冊子もあります。こちらはLGBTQ+当事者を主なターゲットとして想定したもので、学生生活において生じる困難や必要な手続きについて、TOPIAが把握している情報をまとめています。こちらも併せてご活用ください。


『「アライ」になろう!当事者として経験しない性差別とたたかうためのガイド』2023年配布版(PDF, 17.4MB)

文字崩れが起こる可能性がありますが、より容量の小さいバージョンのPDFも用意してあります。(1.1MB)

広告

『「アライ」になろう!』2023 公開!」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。